プロ野球

私はプロ野球を見ない
私が子供の頃は少年ソフトボールが盛んであった、強制参加である
参加しない子供はグラウンドに連れてこられて見せしめにリンチされていた
思えば酷い時代であった、私は運動が得意ではないので参加しなかった
単に小馬鹿にされるのがイラつくからである
ちょうど私の学年ぐらいからであるファミコンが流行っていたのもあって
集まりが悪くなったのは、別にソフトボールぐらいどうでもいいのだが
あまりにも強制的で気持ち悪かったので嫌でも参加したくなかったのだ
私の兄は野球大好きで大学までプレイしていた、糞真面目な人物である
堅物である、怠け者の私とは馬が合わない
兄は熱心な野球少年であった、いわゆる昭和の少年像だ
その兄も野球中継は一切見ない、暇な時はスマホを弄くっている
プロ野球は今後ドンドン人気が低迷していくだろう
野球をプレイしたことがない人が殆どになり、そもそも他人のスターが
活躍しているところをわざわざ高い金を払って見物に行くという
殊勝なことなのだ
それをマスコミが洗脳して大層なことだという
ふうに煽っていただけ、作り物の感動に右往左往されていただけ
地上波中継が無くなって当然なのだ、みんな見ることを強いられていただけなのだ
暇で他人とのコミュニケーションツールだったのだ
金持ちのエリートはプロ野球など一切見ない
時間の無駄だからである
WBCはもう過去のものだ、2009年に世界一で完なのだ
2009年の放送時もパチンコ、蒼穹のファフナーだかのCMが延々と流れていた
地上波はCMを見せて大衆を洗脳する電気箱なのだ
もう地上波は一切見ていない、CMを見なくなってから無駄なものを一切買わず
欲しくなくなった

 

広告を非表示にする