読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカの大企業の年収が高い理由

それは世界がマーケットで世界中で搾取できるからだ

最高幹部クラスで数十億の年収が支払われる、そのかわり終身雇用などない

完全な実力主義である、新卒でも能力が高ければ報酬は高い

アメリカは終身雇用はない、多くの企業を渡り歩く

転職すればするほど実力をつけていくのだ

とても日本ではまねできない、なぜなら市場が狭いからだ

これから国内市場が急激にしぼむのを体感することになる

元締めである公務員、大企業正社員は社内政治に明け暮れることになる

公務員もリストラはある、現に新卒採用を減らし非正規雇用に置き換えている

しかし官と民の役割はあり民である資本主義が強すぎてやりたい放題になると

出鱈目な国になるので官である公務員も必要である

生活保護障碍者保護など国だからこそできることである

資本主義であれば死ぬまで搾取される

日本はアメリカと違い世界侵略ができない、太平洋戦争で戦って負けている

日本の生きづらさの根底にはこれがある

日本企業も外国にドンドン展開して儲けることはできるが

あめりにもはばしくやるとその国の政府から出て行けと言われる

ブロック経済である、日本は一国では食えない、アメリカは食っていける

世界を滅ぼせるだけの軍事力も持っている、日本は持たない

アメリカの企業やスポーツ、芸能などの極端に高い給料を夢見て

他の国から移住してくる、ますますアメリカは強くなっていく

アメリカで豊かに暮らすのには金がかかる

アメリカに仕事で移住するビジネスマンは優秀で金持ちが多い

そして金のない低学歴はホームレス寸前の貧乏暮らしである

それでもメキシコや南米、中東から移民が多いのは

アメリカがその移民たちの母国を破壊したからである

太古の戦争は相手の国を侵略して土地を奪い、都市を占領するか破壊する

そして難民は奴隷にする

現代も根本的には変わっていない、やり口がスマートになっているだけだ

中東は石油があるから争いが絶えない

今の時代、石油がないなら何もできないのである

飢えて死んでしまう