睡眠薬を辞める方法

睡眠薬は習慣性があってある程度の期間

一週間ぐらい連続で飲み続けると、依存症が出てきて

薬が体内から抜け始める時間になると体調が悪くなって不快感が起きる

薬を飲むと離脱症状は治まる、これは覚醒剤、ニコチン、アルコールと同じだ

睡眠薬は麻薬と同じだ

断薬するときに強度の不安や不眠に悩まされる

一週間から二週間はまともに眠れなくて苦しむ

離脱症状を緩和する方法は、とにかくお菓子などを食うことだ

そして音楽を聴いたり映画を見たりして自宅でのんびり過ごすこと

不眠で体調が悪いのに外に出かけるとうっかり、飛び降りたり

電車に飛び込んで自殺してしまう

睡眠薬離脱症状はかなり深刻で危険なのだ

眠れないと気が狂って自殺する人が後を絶たない

元々、精神薬を飲んでいる人は深刻な悩みを抱えている場合が

ほとんどなのだ、風俗嬢も薬漬けの患者が多い

身も心もボロボロなのである、売春をすることは己の身を切り刻むこと

と同じだ

まともな心理状態では行えない

薬をやめるには覚悟が必要だ、それは自分のためではない

家族や子供のためだ、出産を控えているので断薬した女性は多い

それぐらい人生の転機がないとなかなかやめる気になれないのだ

モチベーションが続かないのだ

睡眠薬と酒は本当に死ぬので絶対に一緒に服用してはならない

仕事も辞めてすることもなく暇だからずっと眠れるように

睡眠薬を飲んでいる人も多い、きちんと効いているときは

体調がすこぶる良いからだ